埼玉県和光市にある昔ながらの洋食屋さんカフェラベル

カフェラベル先代から孫へ

先代から孫へ

今まで作って来た料理のレシピは、私の頭の中に入っています。それを次の世代に伝えていくのは、まるで昔の自分を振り返るようで、懐かしく感じます。あの頃学んだことを、私がどこまでしっかり伝えられるか、世代交代する前に私がやるべき大切な仕事です。今までの味を上手く表現することが出来るのか、どんな店に育てくれるのか…。孫が調理場に立つ姿を見て、ドキドキするものです。受け継ぐ味を自分のものにしていくのは、とても難しいですが、これからは、今よりもさらに美味しいものを作って、お客様を喜ばせてほしいですね。
カウカウハウスメニュー

中村福夫

14歳から見習いコックとして働いて、ふと振り返ってみると、私の人生は洋食一筋でした。私は、働き始めた当時から自分の店を持ちたいと思っており、少しでも早く独立するため、毎日、先輩たちの動きを見落とさぬように目を見張っていました。ですが、調理をする先輩の動作は速く、全てを把握するのは大変苦労しました。約24年ほどの修行を積み、独立した時は38歳。それまで行った修行で、デミグラスソースの味の基礎が出来ました。所沢・新所沢・小手指と店を出し、現在は和光市で店を開いていますが、どの地域においても、自信を持って私の料理をお届けすることが出来たと思います。変わらない美味しさを求めていらっしゃるお客様のために、これからも作り続ければ、もっと深みのあるデミグラスソースを作っていけるような気がします。

中村翔

祖父からの味を受け継ぐ。その重さを意識し始めたのは、つい最近のことなんです。実は、この店を継ぐまでは、料理とは関係のない仕事をしていて、店は少し手伝う程度でした。それが震災後、店を手伝う機会が多くなり、気持ちが変化してきたんです。そして、久しぶりに改めて店を良く見て見ると、気づくことが多く出てきました。時代と共に、食に対する考えも変化してきている中、商品のことをもっと知ってもらえるよう努めていきたいですね。

牛すじシチューヤフーショッピング



2015年日本全国鍋グランプリ

カフェラベルツイッター

↑ PAGE TOP